癒しスポットや芸術スポット満載の上野を楽しむ旅

上野の憩いの場で自然と文化の調和を感じる

上野恩賜公園は、上野駅の西側一帯を占める大規模な公園です。公園内にある不忍池は、都会のオアシスになっています。カモや鵜などの水鳥が数多く生息しており、鳥獣保護区にも指定されています。周囲約1.7kmの広さは都心部最大級で、手漕ぎボートや遊歩道でくつろぐ人でにぎわいます。また上野公園は桜の名所としても有名で、お花見の時期にはたくさんの人で溢れかえります。園内には、動物園や美術館などもあり、文化の杜として、長年多くの人に親しまれています。

何度も訪れたい博物館や美術館

上野公園内にある東京国立博物館は、1872年に創立された国立博物館です。日本をメインに、アジアの各地から集められたさまざまな歴史的資料や美術品、考古学資料など、約10万点が展示されています。
また東京都美術館は、1926年に開館されました。こちらも上野公園内にあり、公募団体の展覧会会場としても有名です。報道機関との企画展も度々開催されており、多くの人が訪れます。

上野周辺のスポットも魅力満載

寛永寺は、正式名称東叡山寛永寺といいます。これは関東の比叡山という意味を表しています。1625年に建立され、幕府の庇護のもと隆盛を極めました。厳有院、常憲院霊廟勅額門や水盤舎、奥院などが見どころです。基本的には非公開なので、訪れる際は事前の申請が必要になります。忘れないようにしましょう。
また湯島天満宮は、学問の神様が祀られている神社です。境内にある約300本もの梅の花が満開になる2月から3月には梅まつりが行われるほか、季節行事が目白押しです。

フラマイレーツを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です