餃子が大好きなら日帰り旅行で宇都宮まで行くのはどうですか?

宇都宮は首都圏在住者の日帰り旅行先として人気上昇中

宇都宮市は1990年代に餃子を通じた町おこしが大成功し、今では「餃子といえば宇都宮」といわれるほどの街となりました。そして、市内で激しい競争が繰り広げられるようになった中で味のレベルがどんどん上がっていき、今では規模・実力共に日本一の餃子の街だといわれています。そんな宇都宮は新幹線や高速道路を利用をすれば意外と短時間で着くため、1日の休みを利用して餃子を食べに行く日帰り旅行を計画する首都圏在住者も増加中です。

宇都宮駅までの具体的な所要時間については、南側だと東京駅から約50分・上野駅から約45分で、大宮駅からだとわずか約25分で到着します。北側だと仙台駅から約70分で、郡山駅からであれば30分前後です。車だと東京駅付近の宝町ICを起点にした場合、約1時間半で宇都宮ICに到着します。

宇都宮にはどれくらいの餃子店がある?

宇都宮市には現在、100店舗以上の餃子店があります。そのうちの大半はJR宇都宮駅(新幹線停車駅)から東武宇都宮駅にかけてのエリアに出店しており、新幹線で来た場合は駅から餃子店街まで長く歩いたりする必要はありません。たくさんの餃子店がある中で、どこに行ったら良いかわからない場合は、ネットの口コミを参考にして一番評判の良い店に行く形がおすすめです。

昼に餃子を食べたら後はどんなところに行けばいい?

例えば休日の午前中に首都圏を出発して昼前に宇都宮に到着して昼に餃子を食べたら、午後はどういったところを観光したら良いのでしょうか。まず、新幹線で宇都宮まで来た場合は日帰り旅行の中で郊外に行くのは難しいため、駅付近で言うと宇都宮城址公園・八幡山公園あたりに行ってみるのがおすすめです。車の場合は宇都宮ICそばの宇都宮動物園を楽しんでから帰路につくようなプランを推奨します。

フラマイレーツを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です